Menu

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

07  06  04  02  01  12  10  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  08  07 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

top↑

【あんスタ】四獣ガチャストにおける紅月のあれこれ紅敬風味

Twitterで垂れ流したら長すぎてはた迷惑にしかならないなっていう所見を、脈絡なくまとまりもなく垂れ流しただけです。
下のリンクからどうぞ。

https://note.mu/acf/n/n9aa70c08462e

結果として、四獣ガチャストのおかげで私の中の紅敬熱が今までよりかなり上がってしまったわけで、ハマってから1年後に爆弾落とされてより深みにはまるってなかなかないな……(とか思いましたがそういや尊礼もそんな感じだった……ハマってから1年後に赤の王国出てよけい深みにはまってた)。これだから現在進行形ジャンルはオソロシイです。

受けが攻めを天国に引っ張り上げるようなCPが基本的に大好きですけど、お前と一緒なら地獄に堕ちても悔いはない系のCPも大好物なんですよしょうがないだろ! そうじゃなきゃ尊礼や千京が推しCPにならないんだよ!(逆ギレ)

蓮巳くんて基本的に優しいし人がいいし面倒見もいいんだけど、一見それがわかりにくいのがとても好きです。紅月の加入審査で鉄虎落としたのだって、あれたぶん鉄虎をああいうカタチで守ったんだよね。メインストで強引に紅月に入れられた真緒を守ろうとしたのと同じだよね。
その点、鬼龍くんのほうが甘いんだけど(たぶん蓮巳より先が見えていないからだとは思う)、現状を自分なりに把握してその中で出来ることをやろうとする彼の行動力はとても男らしいと思う。

最近やっと自覚した私の嗜好のひとつに「受けがいなかったら自分らしく生きられない攻めがどうしようもなく好き」っていうのがあるんですけど、今までそれとは無縁だったはずの鬼龍紅郎が今回のガチャストでみごとにそこに足を突っ込んできてしまって、「あっ、どうしよう沼だ……」ってなってる現状でありました。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

top↑

新刊とかいろいろ

うわ、また広告出る。
日々を生きるので精一杯になってるうちにアナコン参加して新刊出てたり、KOCの新刊がなんとかなったりしてました。

2/19のKOCはI09「ACF」で参加します。
KOCは今まで一度もサークル参加したことなかったんですが、どうせ毎回本買いにいくんだからいっそサークル参加もしろよ精神で初参加です。
ぼっち参加ゆえどう考えても暇してると思うので、気が向いたら声かけてやってください……。

とりあえず、10月の王様プチで出した室長お誕生日本、11月にパラキン大阪で出した青の剣前編、新刊は持って行きます。


しきつれづれ◆四季徒然
B6/オンデマンド印刷/20P/予価200円

匙先輩の中華コス+異世界パロ。
妖と人間の世界の境界を守護する宗像礼司と、炎から生まれ影を渡り歩く周防尊の平和な話です。
パロにする必要がどこにあったんだ?? みたいなヤマもオチも意味も色気もない短い話のみ。
尊礼の密着度だけは高いですが全年齢な時点でお察しください。
とりあえず紹介編みたいになってしまった……。


めぐる9◆廻る世界は虹色をしている9
B6/オンデマンド印刷/34P/300円

こっちは2/12のアナコンで発行した廻る~シリーズ最新刊です。
ペルソナ4の小説本。2011年の4月、登校途中の花村陽介を助けてくれた転校生は双子だった……? というパラレルの9冊目。ゲーム主人公とアニメ鳴上くんが同時に存在しています。
今回は文化祭後~11月中旬。つまり天上楽土の頃。

web拍手 by FC2

top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。