Menu

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

11  10  09  07  06  04  02  01  12  10  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  08  07 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

top↑

#拍手ログ1

拍手のお礼画面にのっけていた掌篇ログ。
1つ200文字前後という超絶短文×4です。

全部ゲーム花&主。




#01

その背中は振り返らない。常にまっすぐ、前を見据えている。
傷つくことを厭わず、最前線で剣を振るうその姿の隣に立ちたいと思い始めたのは、一体いつ頃だったか。
最初は現実と痛みからの逃避だった。すぐに、憧れとなった。

いつしかそれは強い渇望となり、変わったことに気づいたときは、もう遅い。

どうしようもなく、手遅れだ。


#02

「いくぜ、相棒!」

クナイを握りしめながら横目でそいつの顔を見ると、見慣れた凶悪な微笑を浮かべている。
ああ、いつもどおりだ。ぞくりと背筋に言い様のない感覚が走る、好戦的な笑み。
敵と遭遇した時にしか、俺がこいつの顔を見ることはない。

「ああ、花村」

その声にすら、理性が狂わされる。


#03

好きだったことを忘れる必要なんてない。
でも、負った傷からずっと血を流し続ける続ける必要もない。
その痛みがいつか過去の思い出となるまで、俺はお前を見守っていよう。お前がひとりで立って、前を向いて歩けるようになるまでは、その手を握っているから。

「ばっかやろ……そういうの、女の子に……しろよなぁ……」

バカはお前だろ、陽介。
大切な相手を慈しむのに、性別なんて関係ないんだから。


#04

手を伸ばしかけて、戸惑う。指先が触れそうで触れない近さまで近づいたくせに、それ以上動けなくなった。
今までそんなこと気にもしなかったのに、自覚した途端にできなくなるなんて、ほんとバカだ。

「陽介?」

俺の方を見つめて不思議そうに瞬く砂色の瞳から、そっと視線を逸らす。

「ほっぺたにまつげ、ついてる」

本当は、その頬に触れたかった。


関連記事
web拍手 by FC2

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。