Menu

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

07  06  04  02  01  12  10  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  08  07 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

  • --
  • --/--
  • --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

top↑

#花主小ネタサルベージ

Twitterでお題をもらって書いていた超絶小ネタのサルベージ。2本。

文字数の関係で削ったものをちょっと手直ししてたりはしますが、ほんとに短いのでhtmlにするのもはばかられる感じなので、blogにのみ置いておきます……。

お題は「縛られてる番長」と「ご機嫌取り」。
期待しちゃいけません。



【お題:縛られ番長】

「……おい?」

冬のある日、堂島家に顔を出した俺を出迎えてくれたのは、今日も相棒だった。
それはいい。それはいいんだが。

「お前、なんで縛られてんの?」

なぜか、相棒の両腕が背中で縛られていた。どういうことだ。なんでそんなありえない状況なのに、この上なく通常運行なんだ。
あまりにあんまりなことに脳内で忙しくツッコミを入れていたら、相棒がなんかいい笑顔を見せた。意味がわからない。

「縄抜けの特訓しようと思って。菜々子に縛ってもらった」
「あほか!!」

──まあ、なんというか。
いつも通りで、なによりだ。




【お題:ご機嫌取り】

「おーい?」
「……」
「あいぼー?」
「…………」

理由はわからないが、なんでか今日は相棒の機嫌が悪い。
眉間にしわがよってるし、いつも以上に目つきが剣呑だ。これ、知らないヤツが見たら視線だけで死ねるんじゃないだろうか。

「うーん」

さて、とりあえずどうしたもんか。

「おーい、相棒」

ちょっと考えてから、ふてくされている相棒の肩をつかんでこっちを向かせてみた。
さほど抵抗はなく、あっさりと向いてくれる。相変わらず、目つきはとんでもないが。

「ほれ」

ひとまず、意識を向かせればこっちのもんだ。横に座って、ぽんと自分の膝を叩く。

「?」

しかめっつらのまま、相棒はちょっと首を傾げた。意味がわからないって顔をしてる。
まあ、そりゃそうか。
でも、説明するのもアレなので、そのまま丸い頭をつかんで、俺の膝に押しつけてやった。

「おやすみ」
「……おやすみ」

顔は見えないけど、声から棘は消えてたから任務完了だ。

関連記事
web拍手 by FC2

top↑

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。